🌸 出会いと別れの季節ですね🌸

2016/03/08 written by

カテゴリー: フジ薬局板橋大山店

 

 

 

 

こんにちは!

 

フジ薬局 板橋大山店 高野ですヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

3月に突入しました!!

フジ薬局 板橋大山店が開局して、半年目になります。

 

オープンから今現在まで

とても盛り上がっております✨✨

 

これからもっと盛り上げていきたいと

思っていますo(^_^)o

 

よろしくお願いいたします😘😘😘

 

 

前回、インフルエンザと花粉症の対策について

お話しさせていただきました。

 

今回は、タイトルの通りでございます。

 

私は、出会いました。

 

出会ってしまったんです…

 

 

ウイルス菌に(T ^ T)!!!

 

 

ちゃんとお別れも出来ましたけどね、

もう二度とあいたくないですね😅😅😅😅

 

 

病院では、食中毒と言われました。

ノロウイルスが頭を過ぎりましたが、、、

※原因は2日前に食べた生牡蠣でした。😂😂😂

 

 

 

そこで今回は私があたってしまった牡蠣と

ウイルス性食中毒についてですo(^_^)o

 

 

image

 

(あーもう生牡蠣の写真みただけで

お腹が痛くなります、、、泣)

 

 

牡蠣は、海のミルクとも呼ばれる味がまろやかで

若干高価な食材として私たちの食卓に並びますね。

 

牡蠣には豊富な栄養素が含まれています。

肝機能を強化する働きや貧血症の人に良い食材です。

 

しかし、この牡蠣が冬場に発生する食中毒の中で

最もウイルス性食中毒を発症する可能性が高い食材なのです!!

 

牡蠣などの二枚貝が生息している海の水が

ノロウイルスに汚染されると、

牡蠣の場合、汚染された海水が腸管を通り

内臓部分に蓄積し、蓄積したウイルスは

増殖せずに徐々に濃縮されます。

こうして濃縮されたノロウイルスをもつ牡蠣を

生で食べた場合にノロウイルスは人間の小腸内に侵入し

猛威を奮いはじめます。

 

・突発的な激しい吐き気や嘔吐

・下痢や腹痛

・軽度の発熱(38度前後)

・悪寒

・嘔吐の数時間前から胃もたれを感じる

・感染して発症しない場合は軽度の風邪のような

症状が出る事もある。

 

私は一番した以外全部あてはまりました(T ^ T)

 

みなさん、生牡蠣を食べてあてはまりましたら

すぐに病院に行きましょう!!

 

そして、牡蠣を食べるときは

しっかりと加熱しましょう!!

 

 

 

今回も最後までよんでいただきまして

ありがとうございます✌️😎🎶

 

ではでは  ♪